バイナリーオプション初心者

バイナリーオプションは怪しい?詐欺被害の実態と詐欺に遭わないためにどうすればいいかを解説

バイナリーオプション詐欺

ネットで「バイナリーオプション」と検索すると、「怪しい」とか「詐欺」といった情報があふれかえっています
この噂は本当なのでしょうか?

火のないところに煙は立たないというように、残念ながらバイナリーオプションに関する詐欺が後を絶ちません。

この記事では、なぜバイナリーオプション業者は怪しいイメージがあるのかを紹介し、実際のバイナリーオプション詐欺の実態、詐欺に遭わない方法について解説していきます。

バイナリーオプションが怪しいと言われるわけ

バイナリーオプションが怪しいと言われるわけ

まず初めに、バイナリーオプションが怪しいと言われる理由から考えていきましょう。

昔詐欺行為をする業者があった

バイナリーオプションが怪しいと言われる理由の一つは、実際に詐欺行為を行う業者が存在したからです。

バイナリーオプション業者自体が詐欺集団であった場合や、バイナリーオプション業者とは別の詐欺集団が情報商材を売りつける場合など、詐欺を行う業者は様々です。

これまで多くの詐欺業者が出現して、出金拒否や高額な情報商材の売りつけを行ってきました。
その中で、多くの被害者が生まれてしまったという事実があります。

そして、このような詐欺事件は警察や消費者センターへの届け出を通して明らかになっていきます。
また、被害者によっても、SNSなどを通して手口が明らかにされるため、バイナリーオプション詐欺の実体が次から次へと人の目に留まるようになりました。

SNSを通して勧誘が行われるから

インスタグラムなどのSNSでは、バイナリーオプションのレクチャーへの勧誘が結構多いものです。

そしてこうした勧誘は、人の目に留まるものです。
「バイナリーオプションで勝率80%」など、どう考えても怪しい勧誘が行われるため、「バイナリーオプション=怪しい」といったイメージがついてしまうのです。

投資への良くないイメージがあるから

これはバイナリーオプションに限ったことではありませんが、そもそも投資は良くないとか危険といったイメージがあります
FXや株と聞くと、すぐにギャンブルを連想する方も多いのではないでしょうか。

投資へ対する良くないイメージも、バイナリーオプションは怪しいといったイメージにつながっているものと考えられます。

バイナリーオプションを利用した詐欺は終わっていない

バイナリーオプションを利用した詐欺は終わっていない

残念なことにバイナリーオプションを利用した詐欺は終わっていません

以前は、出金拒否や勝った取引の無効化など、バイナリーオプション業者の詐欺が目立っていましたが、昨今はシグナル販売や高額レクチャーを行うなど、バイナリーオプション業者とは関係のない組織や詐欺師が違法行為を行っており、手口も巧妙化しています。

次に、どんな詐欺行為が行われているのか、詐欺行為の実体を紹介していきます。

高額なツールを買わされる

よくある詐欺の中に、高額なツールを買わせるというものがあります。
高額ツールには、自動売買ツール、取引シグナルなどがあります。

「このツールを買えば絶対勝てる」といった謳い文句で高額なツール購入を迫ってきます。
もちろん、このようなツールを使って勝てるようになることはありません。

ツールの購入代金を丸々損してしまうばかりか、バイナリーオプション取引への掛け金を失ってしまうことも少なくありません。
甘い言葉に騙されないよう、日ごろから気をつけることが大切です。

レクチャーに誘われる

インスタグラムなどのSNSを通して、バイナリーオプションのレクチャーに勧誘されることがあります。

レクチャー料金はかなり高く、数十万円することがほとんどで、大抵の人は怪しいと思い引っ掛かることはありません。

しかし、バイナリーオプションで勝てるようになったら、数百万円儲かるといった宣伝が行われるため、レクチャー料金が安く感じてしまい、中には引っかかる人も出てきます。

もちろん、こうしたレクチャーを受けたからといって勝てるようにはなりません。
投資に必勝法など存在せず、勝てるようになるためには自分で試行錯誤しなければいけないということを再度認識することが大切です。

有料シグナル配信グループに勧誘される

バイナリーオプションの詐欺の一つに、グループラインでシグナルを配信するというものがあります。

グループ参加者にはエントリーのシグナルが一斉に配信され、エントリーのタイミングに関する助言を受けることができます。

こうした配信には無料のものも有料のものもありますが、特に有料のものに注意が必要です。

無料のものでは、参加者による口座開設などの紹介報酬で業者が儲かる仕組みになっており、グループ参加者は直接的に費用を負担することはありません。
しかし、有料の場合は月何万円とする高額な料金を支払う必要があります。

しかも、有料でシグナル配信を行う行為は違法とされています。
もちろん、シグナル配信グループに参加すること自体は違法行為には当たりませんが、違法行為に加担してしまうことになるため、絶対に避けたいところです。

バイナリーオプションの詐欺にあわない具体的な方法

ここまで解説したように、残念ながらバイナリーオプション業界には闇が潜んでいます。

とは言え、安全なバイナリーオプション業者で、正しい方法でバイナリーオプション取引をしていれば、危険ということは一切ありません。

次に詐欺に引っ掛かって余計な損失を出さないためにも、詐欺にあわないためにどうすればよいのか考えていきましょう。

金融ライセンスを取得している業者を利用する

出金拒否や利益取り消しなどの被害にあわないようにするためには、きちんと金融ライセンスを取得しているバイナリーオプション業者を利用するようにしましょう。

日本の業者であれば金融庁に登録されていること、海外の業者であれば海外の金融ライセンスを取得していることをしっかりと確認しておくことが大切です。

個人のブログやSNSに注意

バイナリーオプションで月100万円儲けたといったブログやSNSの発信には要注意です。
本当に儲けているのか、判断するのは難しいところです。

実際には儲かっていないどころか、トレードすら行っていないこともあります。そのような場合、海外のバイナリーオプション業者を勧めることで、アフィリエイト報酬を得ることだけが目的であることも少なくありません。

運営者が本名や顔を出しているのか、実際の取引収支を公開しているのかといったところが判断基準となります。少しでも怪しいと感じたら、そのサイトからすぐにブラウザバックするようにしてください。

とにかくお金を支払わない

当たり前と言えば当たり前ですが、とにかくお金を支払わないことが大切です。
怪しいと思っても、好奇心からついつい、サービスに興味を持ってしまう人もいると思います。

ただ、お金さえ支払わなければ、ダメージは0です。
無料のものであれば、シグナル配信グループへ参加しても金銭的な損失はありません。

無料のグループへの参加後、取引ツールの販売を勧められても断れば良いだけです。

とても単純なことですが、「お金を絶対に支払わない」という強い意志を持つだけで、詐欺に引っ掛かるリスクを減らすことができます。

バイナリーオプション詐欺にあった場合の対処法

バイナリーオプション詐欺に遭った場合の対処法はこれ

詐欺にあわないことに越したことはありませんが、もしも詐欺にあってしまった場合のことも考えておきましょう。

詐欺にあったとき、必ず返金を目標に動きましょう。ここからは返金に向けての方法を紹介していきます。

証拠を集める

まずは詐欺の証拠集めから行います。
業者のサイトURL、LINEなどSNSなどのアカウント、電話番号や住所をメモしておきましょう。

さらに、業者とのやり取りもスクリーンショットなどで保存しておきます。業者は証拠を消すため、いずれやり取りを消してしまう可能性があるので、なるべく早く対処しておきましょう。

さらに、支払い記録も手元に残しておきます。
クレジットカードや銀行などの支払い明細や通帳を残しておいてください。
これらは被害にあった金額を証明するときに必要になります。

振り込め詐欺救済法を利用する

振り込め詐欺救済法とは、詐欺に使用された銀行口座を凍結し、残高を被害者に分配できる制度です。
名前は「振り込め詐欺」となっていますが、実は投資詐欺でも利用することが可能です。

金融機関の振込を利用した場合、こちらの手段を検討してください。

最初に行うことは2つです。

振込先の金融機関へ連絡
警察で被害届を取得

このあと、金融機関によって加害者の口座取引が停止され、消滅手続きが行われます。その後、被害者が支払い申請を行い、申請が通れば支払いを受けることになります。

専門機関に相談する

自分で解決できればベストですが、解決方法が分からない場合、専門機関に相談するのが手っ取り早いでしょう。

また、バイナリーオプションに関する詐欺ということで、家族や知人に相談しにくいという人も、専門機関へ相談することをおすすめします。

バイナリーオプションの詐欺を相談できる専門機関はいくつかありますが、まずは国民生活センターに相談するのがおすすめです。

国民生活センターとは、国が設置する独立行政法人で、消費者トラブルに関する情報を全国から集める傍ら、消費者と事業者間のトラブル相談を行っています。
まずは気軽に電話で相談してみましょう。

まとめ

信頼できるバイナリーオプション業者を利用して、普通にトレードを行っていれば、詐欺に巻き込まれることはないでしょう。
しかし、儲けたいという人間の心理に付け込んで、詐欺にあってしまう可能性はゼロではありません。

残念ながら、バイナリーオプションを使って詐欺行為を行う業者は今も数多く存在しています。

まずはその事実を頭に入れておき、今回紹介したような対策を取るようにしてください。
そうすれば、詐欺に引っ掛かることなく、安心できる環境でバイナリーオプション取引を行うことができるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です